39.特集:テントバイザー

テントバイザー

「テントバイザー」はテント設計・設営の現場ニーズとノウハウを知り尽くした当社が独自開発(*)した、テントの広さを拡張し便利に使える様にするためのオリジナルのバイザー(ひさし)です。
(*)特許出願中

お手持ちのテントにこの「テントバイザー」を追加するだけで、集会、イベントなどのテントが面積で約1.5倍広くなり、様々なメリットを生み出します。

10のメリット

●お手持ちのテントに取付
●柱や紐がなく足元が安全
●より広い日陰スペース
●雨の吹き込み防止
●看板記入OK!(別途オプション)
●かんたん取り付け
●屋根下スペースの拡大
●付けたまま片付けOK!(*)
*センターフレームは取り外しとなります。
●収納時、壁になる.(防犯効果)
●ご希望により色選択も可能(特注)

テントバイザー サイズ
テントバイザー

「テントバイザー」は既にお持ちのテントに後付可能な汎用のバイザー(ひさし)です。通常のテントの奥行きに1500mmの出幅が加わることでテントの活用の幅が広がります。

幅5400mmx奥行3600mmのテントを例にとると、
会議机を並べる場合、机3個×3列で27名着席の所、テントバイザーの追加により、机3個×4列で36名着席可能となり、イベント会場や運動場などの有効活用が可能になります。

また、テントを店舗として利用する場合、テントバイザーの追加により、お客様スペースにもヒサシが出来ますので、販売時の日陰の提供、急な雨への対応、また他店舗との差別化にも役立ちます。

tent02_kouka01

「テントバイザー」はテント本体への取り付けになります。そのため、余計な脚柱や張綱、ペグピンなどを必要としません。そのため、テント前面の動線を損なう事は一切なく、また足元に危険を及ぼす事もありません。

また、一般のテントでは陽射しが入り込み十分な日陰スペースを確保できなかったり、雨が吹き込んだりしますが、この「テントバイザー」により、テントスペースへの陽射しや雨の吹き込みを最小限にとどめます。
さらに独自の作り込みにより、テントとヒサシの継ぎ目部分やヒサシ前面からの雨垂れを防ぐ工夫をしております。

また「テントバイザー」部分は、正面を塞ぐ様に倒しておく事も出来ますので、防犯に、またテントバイザー部分に店舗名や団体名を入れる事により、宣伝にもなります。
tent03_kouka02


テントバイザーの詳細

■「テントバイザー」は下の写真の様なテント(屋型テント)のほとんどに取り付けが可能です。弊社では標準で幅3間(5400mm程度)と幅4間(7200mm程度)の2種類に対応したものをご用意しておりますが、その他のサイズにも別途、対応いたします。

dscf0412

■取付けは上の写真の様にテント本体の左右のサイドフレーム(梁)に、テントバイザーの左右のサイドフレームを取り付けます。さらにテント本体の中柱にブラケットを介しテントバイザーのセンターフレームを取り付けます。
■次に下の写真の様にバイザーシートを被せ、固定すれば完了です。

dscf0413

■左から見たところ

dscf0414
■右から見たところ

dscf0415

■わかりやすくするために「テントバイザー」のみを取り付けてみました。

dscf0417
■「テントバイザー」部分の拡大

dscf0417s
■「テントバイザー」部分の正面

dscf0418

■センターフレームブラケット及びセンターフレームを下部から

dscf0419

■サイドフレームの拡大

dscf0420
■「テントバイザー」一式
サイドフレーム 2本
センターフレーム 1本
センターフレームブラケット 1個
バイザーシート生地 1枚

dscf0400

お気軽にお問い合わせください。029-285-5700受付時間 9:00-18:00 [ 日・祝日除く ]

お問い合わせフォームお気軽にお問い合わせください。